お知らせ

中部経済新聞に掲載されました

2024-02-02


2024年2月2日付の中部経済新聞に掲載されました。
当社の今後の計画について取り上げていただきました。





あけましておめでとうございます

2024-01-01


2023年は、次の10年を見据えた設備投資をしてまいりました。
昨今の物価高など厳しい時勢でしたが、新たなお客様にも恵まれ5年は増収増益となる見込みです。




2024年も約1.5億円の投資を行い400トンナックルリンクプレスや150順送プレスライン増設します。
また、これまで重視してきた技術開発に加えて、人・コーポレートガバナンスについても充実させる予定です。




好機に備えて、すぐ動けように腰を据えた長期投資を行ってまいります。

大型平面研削盤を導入しました

2023-08-01


黒田精工株式会社製 大型平面研削盤(JK-207ATDTYPE-II)を導入しました。
400tナックルリンクプレス向け金型製作に活用します。
また、ダイセットなどの大型プレートの平面研磨加工の受注加工も承ります。








ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の13次に採択されました。

2023-02-20


ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の13次に採択されました。
「板鍛造プレス製品の開発および新規取引先の開拓と付加価値向上」というテーマで開発に取り組みます。




https://portal.monodukuri-hojo.jp/common/bunsho/ippan/13th/saitaku13ji.pdf

日刊工業新聞様に掲載されました。

2023-02-16


2023年2月16日付で日刊工業新聞様に当社の400トンナックルリンクプレス アマダプレスシステム製 PDL400の導入について掲載いただきました。





中部経済新聞に掲載いただきました。

2023-01-19

2023年1月19日付で中部経済新聞様に当社の400トンナックルリンクプレス アマダプレスシステム製 PDL400の導入および、100年に一度の自動車産業の変革期における当社の成長戦略について掲載いただきました。







2023年1月19日 中部経済新聞Yahooニュース記事





あけましておめでとうございます。

2023-01-01


2020年以降、弊社では以下に選択と集中を行い、筋肉質かつ免疫力が高い会社を目指しています。

・コアコンピタンスである金型技術・プレス技術の維持向上
・電動化を見据えた一貫生産受注体制の構築
・以上を活用した自動車部品以外のプラスワン商品の企画開発販売

昨年は、約2.5億円の投資を行い400トンナックルリンクプレスを1ライン、200トンプレスを2ライン、振動バレル・自動洗浄を導入しました。




本年は、これらの設備を活用し新たな販路開拓を進めると共に、組織力の向上を行い次の10年を構築してまいります。

アマダプレスシステム製 400tナックルリンクプレスPDL400を導入しました。

2022-12-12


10年前、本機をアマダのフォーラム246で見かけたとき一目惚れし、いつか手に入れようと夢見、いよいよ現実のものとなりました。
本来当社の従業員規模より10倍大きい会社が所有するプレス機です。
本機を低固定費で運用し、全国を視野に本プレス機に絞った新規取引の獲得に向けて動きます。





事業再構築補助金6次公募グリーン成長枠に採択されました。

2022-09-16


昨年にの第1次公募に引き続き、事業再構築補助金6次公募グリーン成長枠に採択されました。
2回目の事業再構築としてグリーン成長枠にて採択をいただきました。
申請に関与していただきました皆様に感謝いたします。
1年間で総額1,6億円の投資を行いグリーン成長戦略に資する電動車部品の生産を開始します。





中部経済新聞様に掲載いただきました。

2022-09-15


2022年9月15日付で中部経済新聞様に4槽式全自動洗浄機、振動バレル研磨機を導入した洗浄工場および、今後の弊社の電動化戦略について掲載いただきました。

https://www.chukei-news.co.jp/news/2022/09/15/OK0002209150401_01/





« 後ページへ